News & Topics

News & Topics

2018年02月19日

【会員専用 Weekly No.138】米国株続騰で日経平均も追随

会員専用ブログの記事です。

続きを読むにはパスワードが必要となりますので、こちらから会員登録をお願いします。

■■------------------------------------------------------------------------------------------------■■

  1. 米国株続騰で日経平均も追随
  2. 105円の円高は定着しない
  3. 日銀人事と出口戦略

 

 

Weekly 2月19日

 

米国株続騰で日経平均も追随

米国株は6連騰、大雑把に10%急落して5%戻した。先週木曜日に発表されたPPI(卸売物価指数)は前月比+0.4%(前年同月比は2.7%、市場予想+2.5%を上回った)、ガソリンと医療関連の値上がりが押し上げた。米市場のインフレ観を補強する内容となったが、米10年債利回りは一時2.944%となった後、2.896%に低下し、落ち着いた動きとなって週後半の株価押し上げ展開になったと考えられる。翌金曜日の米10年債は2.87%まで買戻しにより利回りが下落した。

NYダウと日経平均の絶対値差は木曜日に3700程度まで拡大した。円高が強まり、この日、円は一時106.04円まで上昇したためと考えられる。ドルは全面安で、対ユーロでも0.5%

程度下落、2週間ぶりに1.251ドル近辺を付けた。欧州株の追随能力も低く、NYダウ1.23%高に対し独株は0.06%高。しかし、翌金曜日の日経平均は円が105円台に突入したにも関わらず、255円高と米国株高に追随、金曜日時点での日米株価の絶対値差は3400まで縮小した。

PAGETOP